特定保健用食品(トクホ)に指定されている青汁

前へ
次へ

特定保健用食品(トクホ)に指定されている青汁

特定保健用食品はトクホと呼ばれていて、それを知らない人でもテレビCMなどでもよく耳にする言葉です。
健康食品には特定保健用食品と栄養機能食品http://www.hurricanefrequencies.com/function.htmlと一般食品の3種類が存在しますが、青汁の中にも特定保健用食品があります。
ここではトクホ取得商品とそれ以外の商品の違いを紹介します。

特定保健用食品とは、消費者庁長官の認可を受けた商品のことで、他の商品との違いはそれを摂取して得られる効果や効能を堂々と謳えることです。
医薬品とは異なりますが、許可を受けた範囲で一定の症状に効果があることをパッケージなどに表記できます。
青汁に限れば、血糖値が気になる方へ、コレステロールが気になる方へなどと健康効果を表記できます。

トクホとして認定されていない商品でこのような効果・効能を謳って販売すれば、薬事法という法律に違反することになり、今までに薬事法違反で逮捕されている個人・法人はたくさんいます。
健康食品というと「健康維持や病気を改善するためのモノ」という認識は誰でも持っているでしょうが、病気や健康に関する効果があると謳うにはトクホの認可を受けなければいけません。
よくテレビショッピングなどでトクホの認可を受けていない健康食品が紹介されていますが、気を付けて見ていると、それを摂取して病気が治ったとは直接的には言っていないことが分かります。
あくまでも健康効果や美容効果を謳えるのはそこに含まれている原料に対してだけで、それを商品に結びつけると薬事法に触れてしまうので、健康食品を販売する時には最細心の注意が必要です。

青汁にもトクホの認可を受けている商品はありますが、それはほんのわずかです。
その理由は、トクホを取得するには検査のために長い時間とかなりの費用とノウハウが必要になるからです。
一般的にトクホ取得商品は、ノウハウとお金を持っている大手企業が販売していて、その点からもトクホ認定の青汁商品ならば安心して摂取できます。
ただしトクホを取得していないから健康効果や美容効果がないわけではないので、商品選びをする時には含まれる成分を比較することが最も大切です。
トクホ取得商品と成分や製造法が変わりない場合は、もちろん同等の効果を得られます。

このように、特定保健用食品とは厳しい検査と莫大な費用をかけて消費者庁長官の認可を受けた商品のことで、青汁にもトクホ取得の商品はいくつかあります。
青汁の選び方はいろいろありますが、トクホ取得商品は、一定の安全性や効果が証明されているおすすめの商品です。

ページのトップへ戻る