中性脂肪を青汁が減らしてくれる?

前へ
次へ

中性脂肪を青汁が減らしてくれる?

中性脂肪が増える原因には、単純に食べ過ぎ、運動不足、加齢による基礎代謝の低下などがありますが、野菜不足もその大きな要因です。
中性脂肪を増やし、そのまま放置していると動脈硬化が悪化して、心筋梗塞や脳卒中など命に関わる疾病を引き起こしてしまうこともあります。
忙しくて生活習慣を簡単に変えることができない人には、簡単に摂取できる青汁がおすすめです。
そこで、多くのミネラルが含まれる青汁には中性脂肪を減らしてくれる効果もあるのかをまとめてみました。

中性脂肪を下げる働きをする食べ物は青魚や大豆や海藻などもありますが、やはり野菜が一番です。
野菜に含まれるビタミンやミネラルや食物繊維や不飽和脂肪酸は、コレステロールや中性脂肪の吸収を抑えてくれます。

中性脂肪に効果があるのはビタミンCやEなどです。
どちらも多量に摂取するには沢山の食品を食べなければならず、非効率的だといえます。
そういったときこそ、青汁のようにドリンクタイプで摂取できるものや、サプリメントのように毎日続けられるものが大切でしょう。

食物繊維には水溶性と不溶性の2パターンがあり、それぞれのバランスを保つことで体内環境を整えることができます。
水溶性食物繊維には、血糖値の上昇に効果的なペクチンをはじめ、消化吸収効果を高めるグルコマンナンなどがあります。
反対に不溶性食物繊維には、セルロースやヘミセルロースといった、腸内環境を整える効果が期待できます。
一般的に販売されている青汁には、このどちらの食物繊維も豊富に含まれており、わずか毎日コップ1杯飲むだけで、中性脂肪を下げるには十分な成分を摂取できます。

さらに食物繊維を多く摂ることでダイエット効果も得られ、肥満も予防・改善することができます。
中性脂肪と一緒にコレステロール値も下げるhttp://www.vegstl.org/koresute.html働きがあるため、健康診断で高脂血症と診断された人ほど多く摂取すべき栄養といえます。

食物繊維が多い野菜は、モロヘイヤやあしたば、大麦若葉やケールなどです。
どれも味や食感などから、そのまま摂取するには難しいものばかりですが、青汁として飲むのであれば苦労もしません。

このように青汁を毎日摂取することで、中性脂肪とコレステロール値を下げることが可能です。
青汁を摂りながら暴飲暴食は極力避けて、適度な運動を取り入れて規則正しい生活を送れば、すぐに中性脂肪を下げられます。
青汁で生活習慣病予防を今すぐ始めましょう。


ページのトップへ戻る